【新型コロナウイルス】5月12日からF&Bの営業が一部再開 

  

MOMが発表したSafe Management Measuresに対応する形で 5月9日、エンタープライズシンガポール(ESG)、住宅開発委員会(HDB)、シンガポール食品庁(SFA)、シンガポール政府観光局(STB)、都市再開発局(URA)はF&B施設の許容活動および安全管理措置に関する運用ガイダンスを発表しました。 

  

  

要点は以下の通りです 

  

【5月12日以降営業再開となる業種】 

  

・5月12日以降、一時営業停止となっていたケーキや菓子、アイスクリーム、ココア、チョコレート、チョコレート製品、スナック等を含む全ての食品の製造および現場での準備が再開可能に 

 
・ケーキや菓子類、パッケージのスナックやデザートを含む食品の小売店も、持ち帰り/デリバリーに限り営業再開が可能に 

  

▼5月12日以降再開可能な製造業種リスト 
https://www.enterprisesg.gov.sg/-/media/esg/files/media-centre/media-releases/2020/may-2020/annex-2fb9-may-2020.pdf?la=en 

  

▼5月12日以降再開可能なF&Bリスト 
https://www.enterprisesg.gov.sg/-/media/esg/files/media-centre/media-releases/2020/may-2020/annex-1fb9-may-2020.pdf?la=en 

  

・主に飲料を販売する独立型店舗(ホーカーセンター、フードコート、コーヒーショップを除く)は、サーキットブレーカーの期間中は継続して閉鎖 

  

  

【注意点】 

  

・営業可能とされている場合も、サーキットブレーカー期間中は店内での飲食は禁止。持ち帰り/デリバリーのみ営業可能 

  

・店舗側では、レジ前に印をつけて顧客同士が必要以上に接近しないようにする、1mのSafe distancingを遵守する、セルフレジやContactless pickup等のシステムを整える等、可能な限り接触を避ける施策を徹底する。 

  

・持ち帰り/デリバリーのみで営業している店舗については、現状はSafeEntryシステムを導入する必要はない 

  

・顧客、店員、配達員等全員のマスク着用は継続して実施する 

  

・オフィス側では、別途MOMから発表されたSafe Management Measuresに従い、SMOオフィサーの任命、職場環境の衛生管理、社員の健康状態のモニター、シフト体制やチーム分け等を実施する 

  

  

  

▼詳しくはコチラ 

https://www.enterprisesg.gov.sg/media-centre/media-releases/2020/may-2020/safe-management-measures-for-food_beverage-establishments