弊社では年末年始につきまして下記のとおり休業いたします。 休業日:2023年12月30日(土)~2024年1月4日(木) ※1月5日(金)より通常通りに営業を再開いたします。

【新型コロナウイルス】SHN違反者を起訴 

  

  

5月13日、ICA(シンガポール出入国管理局)は、Stay-Home Hoticeに違反したとして新たに3名を起訴する予定であると発表しました。 

  

  

▼Quresh Singh Sandhu氏(シンガポール国籍)のケース 

  

・3月17日にインドネシアのバタム島よりシンガポールに帰国し、3月17日~3月31日までのSHN期間に入ったものの、17日の帰国後は自宅に帰らず、公共交通機関でMarina Bay Sandsに向かい翌日まで警備員としての勤務を行った。 

  

・18日の勤務終了後、政府に自宅として申告していたSembawang Driveではなく、実際に居住していたDunlop Streetの会社寮(同僚3名とルームシェア)に帰宅。 

  

・19日と21日も、公共交通機関を使用して通常通り出勤した。 

  

・政府調査官が21日、Sembawang Driveにチェックに訪問したところ、本人が不在だったため発覚。 

  

  

▼Azhar Bin Khamis氏(シンガポール国籍)のケース 

  

・3月26日にインドネシアのバタム島よりシンガポールに帰国し、3月26日~4月9日までのSHN期間に入ったものの、26日の帰国後、政府に自宅として申告していたTampinesではなくSerangoonの親族の家に滞在。 

  

・27日から数日間はHarbourfrontの公共エリアに滞在。 

  

・4月5日、政府調査官がTampinesにチェックに訪問したところ、本人が不在だったため発覚。後にSingapore Cruise centerで発見された。 

  

  

▼Zahari Bin Samat(シンガポール国籍)のケース 

  

・4月1日にインドネシアのバタム島よりシンガポールに帰国し、4月1日~4月15日までのSHN期間に入ったものの、帰国後、政府に自宅として申告していたAng Mo Kioではなく、North Bridge Roadに借りた部屋に帰宅。 

  

・翌2日にICAを訪れ、古い住所を申告してしまった旨を伝え、ICA担当官より、North Bridge Roadの部屋に直ちに帰宅し、そこでSHN期間を過ごすよう指示される。 

  

・8日、再度外出して野外駐車場の近くにいるところを拘束された。 

 
いずれの場合も、SGD10,000以下の罰金または6か月以下の禁固刑、若しくは両方の罰則が科される 

  

  

 
▼詳しくはコチラ 
https://www.ica.gov.sg/news-and-publications/media-releases/media-release/three-singaporean-men-to-be-charged-on-13-may-2020-after-breaching-their-stay-home-notice-requirements