弊社では年末年始につきまして下記のとおり休業いたします。 休業日:2023年12月30日(土)~2024年1月4日(木) ※1月5日(金)より通常通りに営業を再開いたします。

【新型コロナウイルス】サーキットブレーカー(ソフトロックダウン)後の「第二段階」 6月中旬に繰り上げの可能性 

  

シンガポール政府は5月28日、CB明けの三段階の再開プランについて、6月の最初の2週間の感染率が低く安定的に推移した場合、6月の半ばに第二段階に移行する可能性を示唆しました。 

  

第一段階は全企業の約75%が制限の中再開したものの、第二段階では、Safe Management Measuresを遵守した上で、ほぼ全ての事業が再開可となります。 

  

  

第二段階(Phase 2)の再開内容 

  

■小売・飲食・その他サービス 
・Safe Management Measureを導入し、人数制限等を行ったもとで再開が許可。飲食店での食事(一度に5人まで)、パーソナルヘルス・ウェルネス関係のサービス、スポーツやその他の公共施設(スタジアム、プール)も再開 

  

■生活 
・外出時のマスク着用は変わらず義務化 
・グループでの集まりは一度に5人まで 
・1世帯は1日あたり最大5人の訪問者を受け付けられるように 
・高齢者については引き続き注意して在宅が推奨される。高齢者ケアセンターなどのサービス・プログラムが徐々に再開 

  

■学校 
・6月末~完全に再開 
・IHLは段階的な対面学習の再開 

  

■その他 
・宗教の集会、美術館・博物館・ギャラリー、カンファレンス等の大規模イベント、バー・ナイトクラブ・映画館・劇場等の感染リスクの高い活動については、政府の指示のもと徐々に活動再開を目指していく 

  

■国境 
・ウイルスの感染状況がコントロール下にあり、比較的安全と言える特定の国との間で、試験的に国境オープンの議論を進めている。(具体的にどの国というのはまだ公表しない) 
・特にシンガポールに拠点を置く企業にとっては、出張はビジネスの存続の基盤となる場合もあるため、そうしたEssential Travelに限って最初は許可する形で進めていく 
・大量の旅客受け入れ・送り出しスタートの時期については、国際的な感染状況も鑑みてまだしばらく先の決定となる 

  

  

▼詳しくはコチラ 
https://www.sgpc.gov.sg/sgpcmedia/media_releases/mnd/speech/S-20200528-1/attachment/Transcript%20of%20Minister%20Wong%20remarks%20at%20COVID-19%20press%20conference%2028%20May.pdf