弊社では年末年始につきまして下記のとおり休業いたします。 休業日:2023年12月30日(土)~2024年1月4日(木) ※1月5日(金)より通常通りに営業を再開いたします。

【新型コロナウイルス】シンガポール 7月22日からフェーズ2に逆戻り 店内飲食禁止へ 

KTVラウンジやナイトクラブなどの飲食店で新型コロナウイルスのクラスターが拡大していることを受けて、感染拡大への警戒態勢強化期間に入っていたシンガポールですが、その後、ジュロン漁港に関連したクラスターが、市民の毎日の生活に関連性の非常に高いウェットマーケットやホーカーフードセンターで発見されました。 
更に、KTVクラスターでは若年層を中心に感染が広がったのに対し、今回の感染の波は高齢者を含む幅広い層に及んでいます。高齢者ではまだワクチン接種を完了していない人の割合が多く、重症化とそれに伴う医療崩壊のリスクを鑑みて政府は2021年7月22日から2021年8月18日までフェーズ2への逆戻りを発表しました。 

  

主なポイントとしては以下の通りです。 

①許容されるグループのサイズが、最大5人から最大2人に縮小 

②在宅勤務は引き続きdefault(前提) 

③店内飲食の禁止 

④マスクオフ活動(室内での激しい運動等)の禁止 

  

  

▼シンガポール保健省の発表リンクはこちら 

https://www.moh.gov.sg/news-highlights/details/going-back-to-phase-2-heightened-alert

  

  

▼シンガポール保健省からの発表の日本語訳はこちら(一部抜粋) 

 
フェーズ2(厳戒態勢)への逆戻り 

・Phase 2(Heightened Alert)に逆戻りし、コミュニティの安全管理措置をさらに強化します。 
Phase 2(HA)は2021年7月22日から2021年8月18日まで適用されます。開始後2週間後に対策の見直しを行い、その時点での感染状況に応じてさらに調整を行います 

  

◆許容されるグループサイズ 

・許容されるグループのサイズは、最大5人から最大2人に縮小され、1日の訪問者数も1世帯あたり2人までとなります。各個人は、他の家庭への訪問、友人や家族との公共の場での交流など、社会的な交流の回数を1日2回までに制限する必要があります。 

・現在の育児を継続するために、祖父母が毎日世話をしているお孫さんは、1世帯あたりの訪問者数の上限や、1日の交流回数にはカウントしません。祖父母は、自分自身と孫を守るために、新型コロナウイルスの予防接種を受けることを強くお勧めします。また、感染のリスクを減らすために、祖父母は異なる世帯の孫同士の交流を最小限にすべきです。 

  

◆職場での接触を最小限に抑える 

・職場では、今後も引き続き在宅勤務が前提となります。雇用主は、在宅勤務が可能な従業員には、在宅勤務を保証しなければなりません。複数の職場に従業員を配置することは、今後も避けなければなりません。雇用主は、出社する必要のある従業員の始業時間をずらし、柔軟な労働時間を実施することが必要です。職場での懇親会は認められません。 

  

◆マスクオフ活動の中止 

・地域社会への感染のリスクを低減するため、屋内外の飲食店(ホーカーセンターやフードコートを含む)では、持ち帰りやデリバリーのみの営業となります。また、室内での激しい運動クラスや、個人・グループでの激しい室内スポーツ・エクササイズ活動も中止されます。さらに、マスクを外す必要のある個人向けサービス(フェイシャル、サウナ、メイクアップサービスなど)、歌、意図的に空気を排出する必要のある楽器(管楽器、金管楽器など)の演奏も禁止されます。ただし、マスクを外して診察を受ける医療機関や歯科医院はこの限りではありません。また、医療目的ではないフェイシャルトリートメントは、この制限の対象外となります。 

・マスクをしていない顧客がいる環境で働いているスタッフで、7月中旬から定期的に”Fast and Easy Test”(FET)が義務付けられていた人は、業務が停止している場合、この期間にFETを行う必要はありません。営業を続けている企業(デリバリーや持ち帰りで営業している飲食店を含む)については、そのスタッフは14日間の定期的なFETを続けなければなりません。この期間中、通常のFETは無料で行われます。 

  

◆アクティビティおよびイベントサイズの縮小とPre-Event Testing(PET:イベント前の検査) 

・大規模なクラスター形成の可能性を最小限に抑えるために、イベントサイズを縮小し、参加人数の上限を引き下げます。イベントの参加者が安全にイベントを進行できるようにするためには、イベント前のテスト(PET)が引き続き重要な手段となります。 

  

a.ライブパフォーマンスとMICE:PETありの場合は100人まで、PETなしの場合は50人までとします。スピーカーやパフォーマーのマスクを外すことはできません。また、歌や、意図的に空気を排出する必要のある楽器(管楽器や金管楽器など)の演奏もできません。 

b. 観戦および参加型のスポーツイベント:観戦および参加型のスポーツイベントでは、PETを実施した場合、最大100名までの入場が可能です。50人以下の場合はPETは必要ありません。詳細はSportSGが発表します。 

c. 結婚式と披露宴: 披露宴は、PETをする場合は100名まで、PETをしない場合は50名まで継続できます。この数ヶ月間、結婚するカップルが大きな不確実性に直面していることを認識しています。そのため、特別な規定として、結婚披露宴は、100名までであれば、全員にPETを実施し1テーブル5名までのグループで行うことができます。これにより、多少の調整は必要ですが、カップルは結婚式の計画を継続することができます。なお、結婚式に参加されるお客様は、安全管理を徹底していただく必要がありますが、特に自分のテーブル以外の人との交流を避け、社会的な距離を保つ必要があります。また、ワクチン未接種者は、その脆弱性を考慮して、完全にワクチンを接種するまでは、このようなイベントに参加しないことを強くお勧めします。 

d. アトラクションやショー:MTIの事前承認を得たアトラクションの稼働率は、現在の許容範囲である50%から25%に引き下げられます。屋内および屋外のショーは、ペットを連れている人は100人まで、ペットを連れていない人は50人までとします。 

e. 映画館:PETを実施した場合、シネマホールには最大100名まで入場できます。PETをしない場合は、50人までとします。一般的なグループサイズである2名が適用され、映画館内での飲食物の販売・消費はできません。 

f. 会衆およびその他の礼拝:会衆およびその他の礼拝は、PETありの場合は100人まで、PETなしの場合は50人まで可能です。エアロゾル感染による拡散のリスクをさらに軽減するために、宗教関係者およびその他の参加者は常にマスクを着用してください。また、この期間中は、生歌や管楽器・金管楽器の演奏を中止します。 

g. 美術館・博物館、公共図書館:博物館や公共図書館は、25%の定員削減で営業することができます。 

h. ショッピングモールとショールーム:ショッピングモールとショールームの入居制限は、現在の総床面積1人当たり10平方メートルから、1人当たり16平方メートルに引き下げられます 

  

 
支援策 

・2021年8月18日までの安全管理措置の強化に鑑み、政府は影響を受ける企業や労働者に支援パッケージを提供します。前回のフェーズ2(Heightened Alert)で提供された支援を基にし、数日後に財務省から詳細が発表される予定です。 

  

 
島内のウェットマーケットおよびホーカーセンターでのSafeEntryチェックインの義務化 

・ウェットマーケットやホーカーセンターは、住民が頻繁に訪れる場所であり、多くの高齢者が集まる傾向にあります。最近、これらの場所でクラスターが検出されたことからもわかるように、個人間の距離が近い場合や、マスクをしていない場合には、感染の可能性が高くなります。このような場所での感染を防ぐためには、より迅速に連絡先を追跡する必要があります。2021年7月18日に発表されたとおり、NEAと町議会は、店のオーナーや店員から感染者が出た市場においては、暫定的な入場コントロールとSafeEntry(SE)によるチェックインの義務化を段階的に実施する予定です。 

・今後数週間のうちに、島全体のその他のすべてのウェットマーケットとホーカーセンターにおいて、TraceTogether-only SafeEntry(TT-only SE)とSafeEntry Gateway(SEGW)のチェックイン要件を順次導入していきます。つまり、ウェットマーケットやホーカーセンターに入る人は、SEGWを使ってTraceTogether(TT)アプリやトークンでチェックインするか、TTアプリでSEのQRコードをスキャンしてチェックインする必要があります。一般市民の皆様には、SEのチェックイン要件を遵守し、連絡先の追跡を容易にするために、TTトークンを携帯するか、TTアプリを有効にしておくことをお勧めし、ご自身や大切な人を守ることに役立てていただきたいと思います。 

  

 
COVID-19レジリエント・シンガポールに向けて 

・私たちは、シンガポール国民へのワクチン接種を大きく前進させてきましたが、その勢いを失ってはなりません。シンガポールのワクチン接種率が増加し続けているので、時期を見てワクチン接種者を区別した安全管理措置(Safe Management Measures)を再導入します。これにより、国の予防接種プログラムで完全に予防接種を受けた人は、予防接種を受けていない人を保護しつつ、より多くのコミュニティや経済活動、大きなイベントに参加することができます。対象となるすべての方、特に重篤な症状を発症する危険性が最も高い高齢者の方には、一刻も早くワクチン接種に踏み切っていただきたいと思います。シンガポール政府は、予防接種を受けていない高齢者の方が多いHDBエリアに移動式の予防接種チームを配備しています。また、高齢者の方は、予防接種センターで初回接種を受けることができます。vaccine.gov.sgから登録し、予約をすることをお勧めします。 

・フェーズ2(厳戒態勢)の期間中は、感染リスクを低減するために、安全管理措置を遵守するよう皆様のご協力をお願いいたします。そのためには、職場やその近くの共有スペース、公共交通機関などの公共の場での歩行者数を減らすために、全員が自分の役割を果たし、移動や社会的交流を最小限に抑えることが必要です。体調が悪いときは、医師に診てもらい、検査を受けましょう。みんなで協力してこそ、より強く、より安全になることができるのです。