弊社では年末年始につきまして下記のとおり休業いたします。 休業日:2023年12月30日(土)~2024年1月4日(木) ※1月5日(金)より通常通りに営業を再開いたします。

【新型コロナウイルス】シンガポール、医療プロトコルを見直し 

シンガポール保健省は1月5日、この1週間で、オミクロンの確定患者数の合計が増加していることを受けて、医療崩壊を避けるために、新型コロナ感染管理対策の見直しを発表しました。特に、症状が軽い低リスクのコロナ患者が地域で安全に療養できるよう、プライマリケア医師と連携し、「プロトコル2」を発動できるようにします。また、オミクロンの変異型に対する防御力を最大限に高めるため、完全なワクチン接種状態を維持するために、個人に対してブースターショットを受けることを義務付ける予定です。 

  

▼MOH本文はこちら 

MOH | News Highlights 

  

▼日本語要約 

  

●医療プロトコルの改訂 

  

2022年1月6日からは、以下のプロトコルに基づき、症状の重症度や健康状態に応じた管理を行う予定。軽症で重症化するリスクが低い方は、プライマリケア医師が医療機関で実施する抗原迅速検査(ART)で直ちに診断し、プロトコル2に基づいてケアを継続することが可能に。 

  

 1)陽性結果がでた方は少なくとも72時間、自宅で自己隔離することが要求される。その  

 後、体調が良ければ 自己隔離を解除し、プロトコル 2 と同様に自己で行うART 検査が陰性 であれば、通常の活動を再開することができる。ART検査の陽性結果が続く者は、ART陰 

 性が得られるまで、あるいはワクチン接種者は10日目まで、ワクチン未接種者または部分  接種者は141日目のいずれか早い日まで、毎日自己隔離と自己検査を続けること。 

  

 2)症状が治まるまでに必要な期間をカバーするために、プライマリーケア医師から5日間の 診断書を受け取る(臨床的判断により、それ以上でも可)。症状が悪化したり、時間が経っ ても改善されない場合は、再度医師の診察を受けるか、緊急時には995に連絡することが推 奨される。 

  

 3)健康リスク警告(HRW)は、TraceTogetherアプリや世帯員の自己申告によって特定さ れたものを含む、個人の濃厚接触者に発行される。HRWを発行された人は、プロトコル3  に従うこと。 

  

高齢者、妊娠中、免疫不全者などの高リスク者、または胸痛、息切れ、長引く発熱などの顕著な症状を持つ方は、引き続きプロトコル1に基づいて管理され、ARTとPCR(ポリメラーゼ連鎖反応)検査の両方を受けることが求められ、陽性反応が出た場合は、ワクチン接種状況に応じて10日間または14日間の隔離命令(IO)が出される。 

  

体調良好で無症状の低リスク者は、ARTで陽性となった場合、引き続き既存のプロトコル2に従って管理される。 

  

保健省は今後数週間の状況を観察し、より多くの人がプライマリーケア医師を受診した後、徐々にプロトコル2の下で安全に回復できるようにさらに調整し、通常の活動への早期復帰を支援する。 

  

●ワクチン接種完了の状態を維持するために必要なブースター投与 

  

 ワクチン接種、特にブースター接種は、新型コロナおよびオミクロン変異体に対する重症化予防の実質的な保護を保持している。しかし、一次接種による予防効果は時間とともに低下し、一次接種の最終接種から6ヵ月後には大幅に低下する。また,国際的なデータでは,一次接種によるオミクロン変異体に対する防御力はデルタ変異体に対する防御力よりも弱いが,ブースター接種によりオミクロン変異体からの感染および重症化に対する防御力が向上することが示されている。 

  

 これらを踏まえ、新型コロナワクチン接種専門委員会(EC19V)は、18歳以上で一次接種を完了した人は、一次接種シリーズの最終接種後270日以内にmRNAワクチン2 のブースター接種を受けるべきと勧告。これは、シノバック-コロナバックの3回接種、シノファームの3回接種、その他のWHO EULワクチンの接種など、国家予防接種プログラムの下で提供されている公認非RNA一次接種を受けた個人にも適用される。 

  

このグループの場合、しばらくの間ブースター接種の時期が来ない。その頃には、非RNAワクチンであるノババックスワクチンが選択肢として利用できるだろう。 

  

EC19Vの勧告を考慮し、2022年2月14日以降、新型コロナワクチンの一次接種を終了し、ブースター接種の対象となる18歳以上の人は、一次接種の最終接種後270日間は完全接種とみなされる。その後、推奨される5カ月ごろからブースター接種を受け、最適な防御レベルを確保するため、その後270日以内に接種すること。ブースター接種を受けると、270日を過ぎても引き続きワクチン接種完了とみなされる。 

(例えば、2021年6月1日に一次接種を完了した場合、その5か月後、すなわち2021年11月1日以降にブースター接種の対象となり、引き続き接種完了とみなされるためには、2022年2月26日までにブースターを受ける必要) 

  

 新型コロナから回復したワクチン接種者については、現時点では追加のブースター投与は必要ない。ただし、感染前にワクチン未接種または部分接種であった回復者は、感染後3カ月以上経過してからmRNAワクチンを1回(シノベック・コロナバックワクチン服用時は2回)接種すれば、ワクチン接種完了とみなされる。この接種要件を満たした回復者については、270日の接種有効期間の適用なし。