弊社では年末年始につきまして下記のとおり休業いたします。 休業日:2023年12月30日(土)~2024年1月4日(木) ※1月5日(金)より通常通りに営業を再開いたします。

シンガポールの法律と罰金【2023年最新版】 

【2023年最新版】知らないと罰金!?シンガポールの厳しい法律と罰金を徹底調査

シンガポールは厳しい法律で知られており、違反すると高額な罰金が科せられることがあります。本記事では、シンガポールで守るべきルールや罰金について詳しく解説します。珍しい罰金や意外な法律も紹介するので、ぜひご覧ください。

シンガポールの法律が厳しい理由

シンガポールは「Fine City」と呼ばれることがありますが、ここでの「fine」は「罰金」を意味します。このニックネームは、シンガポールが非常に厳格な法律と罰金制度を持っていることから来ています。なぜシンガポールの法律はこれほど厳しいのでしょうか?
シンガポールは東京23区ほどの小さな面積に約564万人(2022年6月現在、NTDP公式サイトより)が住んでおり、多様な民族と宗教が共存しています。この多様性を維持し、秩序ある社会を保つためには、厳しい法律が必要とされています。

シンガポールで注意したいルール

公共交通機関内での飲食、ドリアンの持ち込み禁止
シンガポールでは、公共交通機関内での飲食が厳禁です。特にMRTやバスでは、飲食物を持ち込むだけでも罰金が科せられる可能性があります。また、ドリアンの持ち込みも禁止されています。その強烈なにおいが公共の場で迷惑とされるためです。
ゴミのポイ捨て
シンガポールでは、ゴミのポイ捨てに対して非常に厳しい罰則が設けられています。初犯ではS$2,000の罰金が科せられ、再犯になるとさらに高額な罰金が科せられます。また、CWO(Corrective Work Order)として公共の場でのゴミ拾いを命じられることもあります。
チューインガムの持ち込みと国内での消費禁止
シンガポールではチューインガムの持ち込みや国内での消費が禁止されています。違反すると、S$10,000の罰金が科せられます。この規制は、1980年代に公共の場でのチューインガムのポイ捨てが問題になったことがきっかけです。
公共の場での飲酒
2015年に施行された「酒類管理法(Liquor Control Act)」により、22:30から翌朝7:00まで、公共の場での飲酒が禁止されています。違反するとS$1,000の罰金が科せられます。許可を得ているレストランやバーでは、この時間帯でも飲酒が可能です。

シンガポールの珍しい罰金一覧

公共の場でのつば吐き
公共の場でのつば吐きは、初犯でS$2,000の罰金が科せられます。新型コロナウイルスの流行により、さらに厳しく取り締まられるようになりました。
鳩へのエサやり
シンガポールでは鳩へのエサやりが禁止されており、違反するとS$500以下の罰金が科せられます。鳩は病原体を拡散させる恐れがあるため、このような規制が設けられています。
蚊の発生禁止
デング熱防止のため、蚊を発生させる行為には厳しい罰則が科せられます。違反するとS$5,000以下の罰金または3カ月以下の禁固刑、もしくはその両方が科せられることがあります。
家の中で裸で歩いてはいけない
シンガポールでは家の中で裸でいることも違法とされています。違反するとS$2,000の罰金が科せられます。高層住宅が多いシンガポールでは、他人の目に触れる可能性があるため、このような法律が存在します。

シンガポールの法律と他国との比較

シンガポールの法律は他国と比べても非常に厳格です。例えば、日本でも公共の場でのつば吐きは違法ですが、シンガポールの罰金額は日本に比べて非常に高額です。また、日本では公共の場での飲酒に対する制限はほとんどありませんが、シンガポールでは厳しく規制されています。

ルールを守って楽しいシンガポールライフを送ろう

シンガポールの厳しい法律や罰金制度について学ぶことで、無用なトラブルを避け、楽しい生活を送ることができます。異国の文化や習慣を尊重し、ルールを守ることが大切です。シンガポールでの生活を楽しむためにも、ぜひ本記事を参考にしてください。
シンガポールでのルールや罰金について理解を深め、安心して楽しい生活を送りましょう。異国の地でも、ルールを守ることでより良い体験ができるはずです。