弊社では年末年始につきまして下記のとおり休業いたします。 休業日:2023年12月30日(土)~2024年1月4日(木) ※1月5日(金)より通常通りに営業を再開いたします。

シンガポールのチップ文化解説:レストランやホテルでの習慣 

シンガポールのチップ文化を理解しよう

シンガポールを訪れる際、チップを用意するべきか悩むことがあるかもしれません。本記事では、シンガポールのチップ事情について詳しく解説し、ホテル、レストラン、タクシーでのシーン別に説明します。

シンガポールにチップ文化はある?

多くの国ではチップを渡す習慣がありますが、シンガポールではチップ文化は一般的ではありません。日本と同様に、シンガポールでもチップは基本的に不要です。

シンガポールでチップが必要ない理由

シンガポールのホテルやレストランでは、料金に10%のサービス料と8%のGST(消費税)が含まれています。これにより、追加のチップを渡す必要がないのです。GSTは2024年から9%に引き上げられる予定です。
シンガポールにはチップの習慣がありません。シンガポールのレストランやホテルでは請求書に消費税の9%に加えて10%のサービス料が加算されており、それで十分とされています。もし、素晴らしいサービスを受けたと感じて特別にチップを渡したい場合は、請求書の合計額を切り上げるか、少額の金額を渡すと喜ばれますが、義務ではありません。

ホテルでのチップ

シンガポールのレストランでは、メニュー表に「S$40++」と記載されている場合、税とサービス料が含まれています。追加のチップは不要ですが、特別なサービスに対して感謝の気持ちを表すために渡すこともできます。
ベッドメイキングをしてもらった場合、チップを渡す必要がある?
いいえ、ベッドメイキングや他のハウスキーピングサービスに対してチップを渡す必要はありません。先に述べたように、ホテルの請求書に含まれているサービス料で十分とされています。

タクシーでのチップ

タクシーの初乗り運賃は3~5シンガポールドルで、メーター制を採用しています。チップは基本的に不要ですが、特別なサービスに対して感謝の気持ちを表すために渡すこともあります。

チップ禁止の場所

シンガポールのチャンギ国際空港ではチップの受け渡しが禁止されています。拒否された場合は、無理に渡そうとしないようにしましょう。

シンガポールに持って行く現金はいくらが適当ですか?

シンガポールに持って行く現金の額は、あなたの消費習慣や滞在期間によります。しかし、シンガポールは非常に近代化された都市であり、クレジットカードが広く受け入れられています。 また、チップの習慣はないので、少額の現金を持つ必要もありません。
以下はおおよそのガイドラインです:
  • 食事: カジュアルな食事で10~30シンガポールドル、ファインダイニングで50~100シンガポールドル以上。基本的にファストフードやレストランではクレジットカードが使用できます。原則チップは不要ですが、特別なお願いをした際は感謝を伝えるためにチップを渡してもよいでしょう。
  • 交通: 公共交通機関と時折タクシーを利用する場合で20~50シンガポールドル。タクシーの場合、現金払いのみか、クレジットカード払いも対応しているか、乗る前に確認するとよいでしょう。運転手にチップを渡す必要はありませんが、感謝を伝えたい場合は少額のチップを渡してもよいでしょう。
  • 観光: 訪れる観光地により異なりますが、20~100シンガポールドル以上。
  • ショッピングとその他: 個人の好みによりますが、ショッピングモールやデパートでは基本的にクレジットカードの使用が可能です。
一週間の滞在なら、雑費や小さな買い物、クレジットカードが使えない場所のために、300~500シンガポールドル程度の現金を持って行くと良いでしょう。

シンガポールのチップ文化を知って観光を楽しもう

シンガポールではチップが一般的ではない代わりに、料金にサービス料が含まれています。必要に応じて感謝の気持ちを示すためにチップを渡すこともありますが、基本的には不要です。旅行を楽しむために、シンガポールの文化に合わせて適切に対応しましょう。

まとめ

シンガポールのチップ文化について理解することで、旅行中の不安を減らし、より快適に過ごすことができます。シーンに応じた対応を心掛け、シンガポールでの滞在を楽しんでください。